デジタルで写真を残す場合

デジタルで写真を残すメリットの1つ目は、写真を簡単に運ぶことができる点です。紙の写真の場合、プリントしてアルバムに挟み込むとそれなりの大きさになってしまいます。デジタルの場合には、記録するスマート…

デジタルデータとして写真を残す場合の最大のデメリットは、データが保存されている機器が壊れたり、なくなってしまうと二度と写真が見られなくなってしまう可能性があることです。ハードディスクドライブやUS…

デジタルで写真を残すコツ

クラウドを利用して写真を残す

クラウド上であればデジタル写真を簡単に残しておくことができます。クラウドは、インターネットに接続できる環境であれば、世界中どの場所にいようともアクセス可能です。スマホで写真を撮影した瞬間、クラウドに保管することもできます。設定次第では、自動でバックアップを取ることもできます。スマホやタブレットなどを紛失しても、クラウド上に写真を残しておけば、データが消えてしまうこともないのです。また、クラウドであればデータの共有がおこなえるため、写真のやりとりが簡単です。遠方にいる家族や友人とシェアでき、直接会って写真を渡す必要がありません。ストレージ容量によっては、料金が発生することもあるため、予算と相談しながら利用することが大切です。

ハードディスクに写真を残す

ハードディスクを利用することでもデジタル写真を残すことが可能です。大容量のデータを扱うのに適していて、写真の数が多い場合やデータ圧縮などで画質を劣化させたくないときに使うと便利です。外付けHDDは、スマホやPCなどに直接接続することで、手軽に写真を保管することができます。また、NASを利用することでインターネットを介してHDDにアクセスできるため、重たいストレージを持ち歩く必要がなくなります。外付けHDDやNASは、一度買うと追加料金なしで好きに使えるのが特徴的です。クラウドのように月額料金が発生しないため、費用を気にせず利用したい人に向いています。ただし、クラウドのように自動でバックアップを取ることができません。自分で作業をする必要があるため、大切な写真を残しておきたいときには、忘れずにデータを移しておく必要があります。

アナログで写真を残す場合

アナログで写真を残す場合、いろいろな条件を確認しておきたいものですよね。しっかりとアナログ写真を保管しておくためには、どんな点に気を付ける必要があるのでしょうか。ここでは、アナログ写真を残すときのポイントについてお伝えしていきたいと思います。

アナログで写真を残すメリット

アナログで写真を残しておくメリットは色々あります。まずいつでも好きな時に見返す事が出来るという点です。アルバムにアナログ写真をまとめておけば、見たくなった時にすぐに見る事が出来ます。デジタルだとい…

アナログで写真を残すデメリット

アナログで写真を残すと管理と整理が必要となります。そのまま無造作に放置しておくと時系列がわからなくなり、枚数が多くなってくると何をした時の写真かも判別が難しくなってきます。整理や管理も大変になって…

アナログで写真を残すコツ

デジタルデータとしての写真ならば、劣化することなくいつまでも撮影当時の状態を維持してくれます。しかし用紙にプリントしたアナログの写真は、きちんと気を遣わなければどんどんと劣化をして、見られないもの…

Back to Top