デジタルで写真を残すメリット

写真を簡単にどこにでも運べる

デジタルで写真を残すメリットの1つ目は、写真を簡単に運ぶことができる点です。紙の写真の場合、プリントしてアルバムに挟み込むとそれなりの大きさになってしまいます。デジタルの場合には、記録するスマートフォンやパソコンにデータを入れておけばそのまま運ぶことができます。最近では、クラウドでデータを保管することが主流になってきているので、これを利用すれば何枚でも写真のデータを保管することができ、簡単に運んで、見せたい時に見せることができます。プリントした状態では何千枚ものを写真を持ち歩くのはとてもできませんが、デジタルであれば簡単なのがメリットです。ただし、写真枚数が多い分、収納方法などの工夫が必要です。

写真が色あせしにくい

紙ではなくデータで写真を保管するメリットの2つ目として、写真の色あせや虫食いを心配する必要がないという点です。プリントをしたものは無期限に同じ色を保つことができるわけではなく、徐々に変色をしたり、虫に食べられたりします。ネガも同じで、湿気の多いところに管理しているとカビが生えてしまって、プリントできなくなることもあります。
デジタルデータの場合、このような心配はなく、ハードディスクに入っているデータをきっちりと管理していれば、撮った時の色や鮮やかさをいつまでも保つことができます。半永久的に昔の写真を残すことができますが、誤って元データを消してしまうと復元が難しいのでこまめにバックアップを取っておくことが大切です。

Back to Top