アナログで写真を残すコツ

湿気をできる限り遠ざけよう

デジタルデータとしての写真ならば、劣化することなくいつまでも撮影当時の状態を維持してくれます。しかし用紙にプリントしたアナログの写真は、きちんと気を遣わなければどんどんと劣化をして、見られないものとなってしまうでしょう。もしも、できる限り劣化を避けたい場合は、湿気対策をきちんと行うことをおすすめします。湿度の高い環境で写真を重ねて保存してしまうと、用紙同士がくっつき剥がせなくなってしまいます。湿度を下げてくれる除湿剤が売られているので、それを写真の保管場所(箱などの狭い空間がベスト)に入れるようにしましょう。ただし、除湿剤の効果は一定期間で切れてしまうため、写真を守りたいときは定期的に交換してあげる必要があります。

日光に当たらないようにしよう

写真は日光に当たることで、カラーが少しずつ薄くなっていき、最終的にはセピア色になってしまいます。そうなると元の色鮮やかな写真に戻すことは不可能です。もしも、フォトフレームなどに入れて飾る予定ならば、ガラスやプラスチック部分に紫外線対策がされている製品を使いましょう。日光に含まれる紫外線をしっかりとカットするため、キレイな状態をできる限り長く維持してくれます。ただし、残念ながら対策製品を使ったとしても、日光からの影響を完璧に防ぐことはできません。そのため、大切な写真を飾りつつ残したいときは、1枚ではなく2枚現像することをおすすめします。1枚は飾らずに適切な方法で保管をしておけば、大切な写真を失うことはありません。

Back to Top