アナログで写真を残すメリット

いつでも見返せ、飾る事も出来る

アナログで写真を残しておくメリットは色々あります。まずいつでも好きな時に見返す事が出来るという点です。アルバムにアナログ写真をまとめておけば、見たくなった時にすぐに見る事が出来ます。
デジタルだといちいちパソコン等を起動させなければなりませんし、大量のデータが保管されているときちんと管理しておかないと見たい写真を見つけるのも一苦労です。しかしアルバムなら幼少期とか小学生とかまとめて保管出来る為、見たい所だけすぐに見返す事が出来ます。
またアナログ写真なら、特にお気に入りの写真を額に入れて飾る事が出来、部屋のインテリアにする事が出来るというのも大きな魅力です。家族の写真やペットの写真を飾っておけば、それが目に入るだけでほんわかした気持ちになれます。

過去の大切な思い出を半永久的に残す事が出来る

アナログで写真を残しておけば、紛失したり破損しない限り、半永久的に記録として残す事が出来るというのも大きなメリットです。デジタル写真の場合、確かに便利ですし大量に記録メディアの中に保存する事が出来ます。
しかしデジタルの場合、データが消えてしまう事も十分考えられますし、将来的に記録メディアの仕様も変わっていく可能性が高いです。その都度データを新しいメディアに変換しなければならなず、面倒ですし誤ってデータを消去してしまうという事だって十分考えられます。

その点アナログ写真なら紙なのでそんな心配はいりません。大切に保管しておけば色あせも防ぐ事が出来ますし、デジタルデータと異なり物として実在しているので、なくしたり破れたり燃えたりしない限りずっと見る事が出来るというのは大きなメリットです。

Back to Top