アナログで写真を残すデメリット

アナログで写真は管理と整理が必要

アナログで写真を残すと管理と整理が必要となります。そのまま無造作に放置しておくと時系列がわからなくなり、枚数が多くなってくると何をした時の写真かも判別が難しくなってきます。整理や管理も大変になってくるので、残すのであれば、定期的にアルバムに入れ、年月日、イベント名などを記載しておきましょう。アルバムがたまっていけば、保管するために場所も必要なので、保管場所の確保とその整理もしなくてはいけません。最近はアナログのプリントの技術も向上していますが、時間が経過してしまうと保管方法によっては色あせてしまう場合があります。直射日光や蛍光灯の光、湿度、温度などで色あせる場合があるので、保管場所にも注意が必要です。

アナログの写真をデータ化して保管

アナログの写真は管理や整理、保管場所の確保、保管方法も大変です。現在はスマーフォン、パソコンのアプリや本体などで写真データは保管することができるので必要な写真だけフォトアルバムにし、残りはデータへ変更して保存しておくと場所も取りません。アナログの写真のみしかない場合もスマートフォンアプリやプリンターなどでデータ化する事は可能です。コンビニのコピー機やカメラなどの専門店でもスキャンしてデータ化する事ができます。データ化してしまえば、バックアップとして残しておくことでアナログの写真が色あせてしまっても、きれいな写真をプリントすることもできます。アナログの写真はデリケートなので、検討してみるとよいでしょう。

Back to Top